日本でのオンラインカジノは違法か合法か?

casino01

 

 

現在の日本では賭博行為は条例により禁止されています。

 

 

 

パチンコやスロットなどのギャンブルは遊戯し、最終的に何らかの商品に交換し、その商品を換金所で現金に変える仕組みとなっています。

 

 

 

これは、間に違う業者を挟みギリギリ法律から逃れるためにしているだけに過ぎません。

基本的には賭博行為は違法です。

ですが、日本人が海外旅行をし、旅行先でギャンブルをすることは違法にはなりません。

 

 

なぜなら、日本人の国外犯処罰規定(刑法第3条)に入っておらず、合法と認められた国のルールに従っているからです。

 

 

 

では、利用者数が全世界で急増中のインターネットでギャンブルが楽しめる「オンラインカジノ」を日本で行うことは違法でしょうか。

 

合法と認められている海外でのカジノという点では「合法」ですが、日本で行っているという点では「違法」だと考えられます。

 

 

 

ネット上での賭博行為について、現在の日本ではまだ規制がなく摘発例も極めて少ないとされています。すなわち、グレーゾーンにあると言えるでしょう。

 

日本でネットカジノを運営して利益を得ることは完全に違法ですが、個人のパソコンから個人的にオンラインカジノを行うことは、現状では違法とは言えません。

 

 

安心してオンラインカジノをプレイするなら、ワイルドジャングルカジノがお勧めです。

 

 

オンラインカジノが人気の理由

オンラインカジノは自宅のパソコンで簡単にインターネットをでカジノを楽しむことができます。
 
日本では刑法で賭博行為は禁止されていますが、オンラインカジノは海外のサイトであるため摘発されることは極めて少なく、法的にもグレーゾーンにあると言えます。
 
 
wjk5_2
 
 
海外や日本でもオンラインカジノの利用者数が年々増加しています。
その理由は自宅で簡単に24時間365日いつでも利用できる気軽さでしょう。
 
 
 
オンラインカジノのもう一つの魅力は高い還元率にあります。
日本国内で出来るギャンブルの還元率は、競輪が75%前後、パチンコ類が80から90%前後、宝くじだと50%前後といわれています。
 
 
 
オンラインカジノの還元率は、優良カジノだと95%以上あるところも珍しくはなく、それ以外でも90%を下回る所はないとされています。
 
 
 
高いペイアウトを持続できるのは、オンラインカジノ運営における設備費や人件費が少なくて済むからです。
 
 
 
wcasino
 
 
さらに、オンラインカジノではボーナスポイントとされる購入金額にプラスでチップが配られることがあり、このボーナスによりもっと遊びやすくなるという利点があります。

オンラインカジノは現在の日本ではグレーゾーン

お金を賭けてゲームする場所が「カジノ」「賭博場」と呼ばれています。

イタリア語でCasinoといい、語源は屋敷や離宮を意味する「Casa」に縮小の語尾である「-ino」が付いたものだそうです。

 

beginner-4-7

 

今の日本では刑法により、賭博行為は禁止されています。しかし、パチンコやスロットなどは賭博とほとんど同じものでありながら、特殊な流れを行うことで法律から逃れて営業しています。

 

 

 

近年では、カジノの許可制限に対して、日本での合法化を求める動きが見られたり、カジノを禁止している法的整合性が問題視されているようです。

 

 

 

日本国内で楽しめるカジノが「オンラインカジノ」と呼ばれるインターネットを使ったカジノです。

海外の会社が運営していて、国内でのカジノは違法とされていますが、海外の法律が適用されるため現在では法的にはグレーゾーンとなっています。

 

casino_night_at_the_pan_pacific_vancouver

 

自宅ではなくインターネットカフェで利用し換金した場合は違法行為にあたり摘発されたケースもありますので、充分な注意が必要です。

 

 

オンラインカジノをやる場合は、必ず個人的に自宅のパソコンや、自分のスマートフォンで行うようにしましょう。

オンラインカジノで安全に遊ぶために重要なサイト選び

現金を賭けて遊ぶ場所がカジノと呼ばれ、カジノをインターネットを通じて提供しているサービスのことを「オンラインカジノ」と呼びます。

 

ecog

 

ネットギャンブルの世界には当然ユーザーを狙った悪質行為が散乱しているのが現実です。

オンラインカジノサイトには、不当なプログラムを使用し利用者を勝たせないようにしたり、勝っても払い戻しを行わなかったりするところも多く存在しています。

 

 

 

大切な個人情報を流出、搾取する「個人情報の悪用」の法律に違反している行為も見られます。

勝手にブログのコメントにオンラインカジノのサイト広告を貼り付けたりするスパム行為と呼ばれる悪質攻撃をするサイトもあります。

 

 

 

ですから、オンラインカジノで楽しく遊ぶには、サイト選びが非常に重要であると言えます。

 

信頼性のあるサイトを選ぶには、ライセンスを持っているかどうかや、どのソフトウェアを使っているか、第三者機関の認定が重要な判断材料となるでしょう。

 

 

 

第三者機関としてポピュラーなのがeCOGRA(イーコグラ)です。

 

そして、さらに他からの評判や、口コミ、人気度合いも調べるとより安全なサイト選びができるでしょう。

オンラインカジノのサポート体制

日本国内で利用者数が増えているオンラインカジノの背景には、以前は英語でしか対応していなかった運営サイトが日本をターゲットにし、日本語でやり取りできるサービスを提供し始めたことにあります。

 

4

 

オンラインカジノが行っているサポートサービスは利用するにあたり、大変重要になってきます。

なぜなら、本人確認や、ボーナスチップの申請、トラブルが起きた時の解決など色々な場面で必要だからです。

 

 

 

ですが、オンラインカジノのサポートサービスのサービス意識はまだまだ低く、他の産業と比べると決して高いとは言えません。

 

images

 

日本語対応されてないサイトや時間制限があるなどを始め、日本語対応サポートなのに日本語ができてなかったり英語サポートとしながら英語を理解していいないといった粗悪なものもあるのが現状です。

 

 

 

最近では、優良な顧客満足を専門にしたサイトも出てきていますが、こういうサイトを判断できなければオンラインカジノを利用するには依然として危険が高いといえるでしょう。

 

 

 

オンラインカジノ運営に重要なライセンス

自宅に居ながら好きな時間にインターネットを通じてカジノができる「オンラインカジノ」の人気が全世界で急上昇しています。

 

20111123211256

 

このオンラインカジノを運営するためには、必ずオンラインカジノの運営許可(ライセンス)を発行している国、例えばジブラルタル(イギリス海外領土、EU加盟国)・マルタ共和国(EU加盟国)・フィリピンなどを含む約20カ国以上の地域から許可証を取得しないとならない条件になっています。

 

 

 

ライセンス取得には数多くの審査や条件を突破しなければいけません。

オンラインカジノを運営できるだけの充分な資金があるかどうか、暴力団関係者とつながりがないか、ソフトウェアはちゃんと公平性の監査を受けたものを使用しているかなどです。

 

 

 

ライセンスを取得までの期間はだいたい半年以上かかり、飛び込みで運営体制がちゃんと行われているかの検査が入るなど、かなり厳しいチェックが行われているようです。

 

厳しい審査をクリアし、正式なライセンスが発行されれば、公平性や安全性をアピールする最大の要素となり信頼性アップにつながります。

 

 

 

逆にライセンスを取得していない場合は合法的な運営と言えず、摘発の対象になります。

 

ですから、オンラインカジノを利用する際は必ずその会社がライセンスを取得しているかどうかの確認を行うべきです。

 

ワイルドジャングルカジノなら重要なライセンスを取得しているので、安心してプレイできます。